Logo Loading

M-Secプロジェクトとは

M-Secは欧州と日本の共同プロジェクトであり、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、クラウドコンピューティングの技術分野の研究開発に取り組みます。

プロジェクトの目的

M-Secプロジェクトでは欧州と日本の起業家、研究者、企業、公的機関、市民が、スマートシティのセキュリティと接続性を向上させる新しいIoTアプリケーションを共同でデザインし導入することを可能にし、また、人とモノの信頼性の高い相互作用を促進することを目指しています。

ご興味がおありですか?

M-Secプロジェクトはセキュアで効率の良いIoTを目指して意欲的に取り組んでいます。

オープンテクノロジーとアーキテクチャ

ハイパーコネクテッドスマートシティに適するオープンな参照アーキテクチャによる低コストで柔軟かつ拡張性のあるIoTのパラダイム

新しいビジネスモデル

IoT産業と価値のインターネットを破壊(ディスラプト)する、シェアリングエコノミーのような新しいモデルでのIoTデバイスの商用化

マルチレイヤセキュリティサポート

ネットワークレベルからアプリケーションレベルまでのシステムの全てのレイヤにわたってセキュリティとプライバシを担保する包括的なセキュリティサポート

ブロックチェーンに基づくIoTマーケットプレイス

情報とサービスがリアルタイムの需要と共有に応じて、仮想通貨を使用して取引されるIoTデバイスのマーケットプレイス

市民参加と共同デザイン

強力なスマートシティエコシステムを構築する、自治体と地元企業、開発者の関与によって支えられる市民主導のイノベーション

スペインと日本での実社会実証

長期の「スマートシティ」への取り組みで知られるサンタンデール市と藤沢市でのユースケースの妥当性検証

最新ニュース

M-Secの技術

クラウド

IoT

デバイスレベル

ビッグデータセキュリティ

ブロックチェーン

エンド-エンドのセキュリティ

SMART CITIES

2

USE CASES

6

TECHNOLOGICAL SOLUTIONS

15

YEARS

3

実証協力自治体

サンタンデール市と藤沢市はM-Secの成果を活用してスマートシティのニーズに挑戦するために最大限努力します。

サンタンデール市

サンタンデール市

市民中心の技術のグローバルリーダーとして、サンタンデール市は都市の全ての設備を管理する独自の「シティブレイン」プラットフォームを開発してきました。

藤沢市

藤沢市

藤沢市は市民の健康、防災、持続可能エネルギーに関する技術活用に取り組んでおり、日本の最も革新的な市のひとつです。

Follow Us

RRSS-02
RRSS_Mesa de trabajo 1
RRSS-03

Enter your keyword

X